ビーグレンはニキビ跡の色素沈着に効果ありますか?

ビーグレンはニキビ跡の色素沈着に効果ありますか?

“ニキビ”に関する肌の悩みを抱えている方は、
・色素沈着肌
・べたつきやオイリー肌
・ニキビ跡の凹凸肌
のいずれかによるものだと思います。

 

 

ニキビ跡の色素沈着による問題は、UV対策をしっかりとしてこなかったことが原因かもしれません。

 

ニキビの炎症が起きた後に“黒ずみ”が生じた場合、紫外線によって“色が濃くなることがある”からです。

 

通常は肌のターンオーバーによって、時間の経過とともに薄くなりますが、ターンオーバーのサイクルが遅れると色素沈着として残ることがあります。

 

肌のターンオーバーは、年齢やストレスを受けることで遅れることもありますので、色素沈着となる前にケアが必要です。

 

 

もし、すでにニキビ跡の色素沈着ができてしまったのなら、その対策は“シミ”と同じようにハイドロキノン配合の「ホワイトクリームex」が有効です。

 

ハイドロキノンはメラニン色素の除去に効果がありますので、使用を続けるうちに色素沈着も気にならないレベルになると思われます。

 

 

また、べたつきやオイリー肌であるなら、ニキビの炎症にも注意しなければなりません。

 

気温の変化やストレスによってホルモンバランスが乱れると、皮脂線の働きが活発になることがあります。

 

べたつきによって“アクネ菌”が繁殖しやすい状態ですので、ビタミンC配合の美容液(Cセラム)がおすすめです。

 

ピュアビタミンCを肌の奥にまで浸透させることにより、過剰な皮脂の分泌を抑え、ベタつきのないさらさらな肌に整えることができます。

 

 

さらに、ニキビの炎症が長引くと、肌に凹凸が見られることがあります。

 

これは、肌のハリに影響を与える「コラーゲン」「エラスチン」などが傷つけられることで生じるものです。

 

凹凸肌を改善させるには、ビーグレンの「クレイローション」で肌バランスを整えてあげる必要があります。

 

さらに早い改善を望むなら、ターンオーバーを促進させるため、ビタミンAが配合された「モイスチャライジングゲル」も有効です。

 

ビタミンAには皮膚細胞のはたらきを正常にする作用がありますので、試してみてはいかがでしょうか?